メドベージェフの秘密とは?世界1位に輝いたテニス選手の奇行や問題行動、使用するラケットやストリングを詳しく紹介!

今回は、世界ランキング1位のテニス選手、ダニール・メドベージェフについて紹介したいと思います。メドベージェフは、1996年2月11日生まれの27歳で、ロシア・モスクワ出身です。身長198cm、体重83kgの長身で、右利き、バックハンドは両手打ちです。これまでにATPツアーでシングルス20勝を挙げており、2021年全米オープン優勝者、2020年ATPファイナルズ優勝者、ATPマスターズ1000で6度の優勝者という輝かしい実績を持っています。彼のプレースタイルやコーチ、練習拠点、トレーニングメニューなどについても詳しく見ていきましょう。

https://twitter.com/WeAreTennis/status/1663608964783767554
[PR]

ダニール・メドベージェフのプロフィール概要

ダニール・メドベージェフは、1996年2月11日生まれの27歳で、ロシア・モスクワ出身です。身長198cm、体重83kgの長身で、右利き、バックハンドは両手打ちです。2022年2月28日付けでATPランキング自己最高位のシングルス1位になりました。ダブルスでは170位が最高です。

彼は2015年にプロに転向しました。これまでにATPツアーでシングルス20勝を挙げており、そのうち1つはグランドスラム(2021年全米オープン)、1つはATPファイナルズ(2020年)、6つはATPマスターズ1000です。また、2021年にはデビスカップとATPカップでロシア代表として優勝しました。

彼は物理学と数学が得意で、経済学と商業学を学んでいたこともありますが、テニスに専念するために大学を中退しました。彼はロシア語、英語、フランス語が流暢に話せます。彼の愛称は「メド」で、彼のファンは「メドベディア」と呼ばれています。

[PR]

ダニール・メドベージェフのプレースタイルと武器

ダニール・メドベージェフのプレースタイルは、バックオブザコートと呼ばれるものです。これは、ベースラインから離れてコートの奥で打ち合うことを意味します。彼は長身でリーチが長く、パワーとスピードを兼ね備えたストロークを持っています。彼はサーブも強力で、最速で237km/hを記録しています。彼はサービスエースだけでなく、サービスウィナーも多く獲得しています。

彼の最大の武器は、バックハンドです。彼は両手打ちのバックハンドを駆使して、相手の弱点を突いたり、攻撃的なショットを打ったりします。彼のバックハンドは、フラットで正確で安定しており、コントロールも抜群です。彼はバックハンドでクロスやダウンザラインを自在に打ち分けることができます。また、バックハンドスライスも上手く使って、相手のリズムを崩したり、守備に転じたりします。

彼のもう一つの武器は、コンシステンシーです。彼は非常に粘り強く、ミスを極力減らしてポイントを作ります。彼は相手の攻撃に対しても冷静に対処し、カウンターで返すことができます。彼はラリー戦が得意で、相手を疲れさせることができます。彼は試合中に集中力や気力を切らさず、最後まで戦い抜きます。

[PR]

ダニール・メドベージェフのコーチと指導者

ダニール・メドベージェフの現在のコーチは、ジル・クルブレです。クルブレは元プロテニス選手で、フランス出身です。クルブレは2017年からメドベージェフのコーチを務めており、彼の成長に大きく貢献しています。クルブレはメドベージェフのストロークやサーブなどの技術面だけでなく、メンタルや戦術面にも注力しています。クルブレはメドベージェフに対して厳しくも優しく指導し、信頼関係を築いています。

メドベージェフにとって最初の指導者は、母親です。母親はテニスコーチとして働いており、メドベージェフが6歳のときにテニスを教え始めました。母親はメドベージェフに基本的なテニスの技術やルールを教えました。母親はメドベージェフに対して厳格でしたが、それが彼の精神力や集中力を養うことになりました。

[PR]

ダニール・メドベージェフの練習拠点と生活

ダニール・メドベージェフは、現在フランスに練習拠点を置いています。彼は2014年に両親と一緒にフランスに移住し、南部のアントニーという町に住んでいます。彼はフランスのテニスアカデミーであるモレ・ド・フォルジュでトレーニングをしています。このアカデミーは、元プロテニス選手で現在はコーチのジャン=レネ・リソートが運営しており、メドベージェフのほかにも多くのトップ選手が利用しています。メドベージェフはこのアカデミーでコーチのジル・クルブレと一緒に練習しています。

メドベージェフは、フランスでの生活に慣れており、フランス語も流暢に話せます。彼はフランスの文化や食べ物も好きで、特にチーズやバゲットがお気に入りだと言っています。彼は自分の家族や友人と時間を過ごすことが好きで、テニス以外の趣味としては映画鑑賞やビデオゲームを楽しんでいます。彼は自分の性格を「冗談好きで社交的」と評しており、ファンやメディアとも積極的にコミュニケーションを取っています。

メドベージェフは、2018年にロシア人の女性テニス選手であるダリア・メドベージェワと結婚しました。彼女もプロテニス選手であり、2019年までWTAツアーに参加していましたが、現在は引退しています。彼女は夫のキャリアをサポートするために、ほとんどの大会に同行しています。彼女は夫の試合を観戦する際には感情を表に出さないことで知られており、夫もそれを尊重しています。二人は仲睦まじい様子を見せており、インスタグラムなどのSNSでもよく写真を公開しています。

[PR]

ダニール・メドベージェフのトレーニングメニューと食事

ダニール・メドベージェフは、トレーニングメニューについて「特別なことは何もしていない」と言っていますが、実際にはかなり厳しいトレーニングをこなしています。彼は一日に4時間から5時間ほどテニスの練習をし、その後に1時間から2時間ほど体力トレーニングやストレッチを行っています。彼は特に足腰の強化や持久力の向上に重点を置いており、ランニングやサイクリングなどの有酸素運動や、スクワットやルンジなどの筋力トレーニングを行っています。彼はまた、バランス感覚や反応速度を鍛えるために、ボクシングやサッカーなどの他のスポーツも取り入れています。

メドベージェフは、食事についても気を付けています。彼は自分の体重や体脂肪率を常にチェックしており、必要に応じてカロリー摂取量を調整しています。彼は朝食にはオートミールやフルーツなどの炭水化物を多く摂り、昼食や夕食には鶏肉や魚などのタンパク質を中心に摂ります。彼は野菜やサラダもよく食べており、ビタミンやミネラルの摂取にも気を配っています。彼はジャンクフードやアルコールなどの摂取を控えており、水分補給にも注意しています。

[PR]

ダニール・メドベージェフの生い立ちと家族

ダニール・メドベージェフは、1996年2月11日にロシア・モスクワで生まれました。彼の父親はセルゲイ・メドベージェフで、エンジニアとして働いていました。彼の母親はオルガ・メドベージェワで、テニスコーチとして働いていました。彼にはエレーナ・メドベージェワという姉がいます。彼の家族はテニス好きで、父親も母親もテニスをプレーしていました。彼の父親は特にテニスに熱中しており、テニスコートを自宅に作ったこともあります。

メドベージェフは6歳のときに母親からテニスを教わり始めました。母親は厳格な指導者であり、メドベージェフに基本的なテニスの技術やルールを教えました。母親はメドベージェフに対して「テニスが好きでなければプレーしなくていい」と言っており、メドベージェフもテニスが好きだったからプレーしていたと言っています。メドベージェフは10歳のときに初めてトーナメントに出場しましたが、そのときは1回戦で敗退しました。その後もトーナメントに出場し続け、徐々に成績を上げていきました。

メドベージェフは14歳のときに初めて国外のトーナメントに出場しましたが、そのときは予選で敗退しました。その後も国外のトーナメントに出場し続け、徐々に成績を上げていきました。メドベージェフは16歳のときに初めてITFジュニアランキングでトップ100入りしましたが、そのときはまだジュニアグランドスラムに出場することができませんでした。その後もITFジュニアランキングで順位を上げていき、18歳のときに最高位の13位まで到達しました。

[PR]

ダニール・メドベージェフのジュニア時代とプロ転向、戦績、成績、ランキング

ダニール・メドベージェフは、ジュニア時代に4大大会に3回出場しましたが、いずれも準々決勝まで進むことができませんでした。彼が最初に出場したのは2013年の全仏オープンで、2回戦で敗退しました。続いて2014年の全豪オープンと全米オープンに出場しましたが、どちらも準々決勝で敗れました。彼のジュニア時代の最高成績は、2014年のITFジュニアランキングで13位になったことです。

2015年にプロに転向したメドベージェフは、最初の1年間は主にチャレンジャーやフューチャーズの大会に出場しました。彼はこの年にフューチャーズで3勝を挙げ、チャレンジャーでも決勝に進出しました。彼はこの年の末にATPランキングで329位まで上昇しました。

2016年はメドベージェフにとって飛躍の年となりました。彼はこの年にATPツアーの本戦に初めて出場し、ニース・オープンでは2回戦まで進みました。しかし、この大会では審判が黒人だったために「友人」のドナルド・ヤングに有利な判定をしたと暴言を吐き、失格となりました2。彼はこの行動を後悔し、謝罪しました2。彼はこの年にチャレンジャーで2勝を挙げ、ATPランキングで99位まで上昇しました。

2017年はメドベージェフにとってさらなる飛躍の年となりました。彼はこの年にATPツアーで初めて決勝に進出し、チェンナイ・オープンではロベルト・バウティスタ・アグートに敗れて準優勝となりました。彼はこの年に4大大会でも初めて本戦に出場し、全豪オープンでは1回戦で敗退しましたが、ウィンブルドンでは1回戦で第5シードのスタン・ワウリンカを破る金星を挙げました。しかし、2回戦では主審の判定に不満を表すために試合後に審判台に向かって小銭を投げつける問題行動を起こしました3。彼はこの行動も後悔し、謝罪しました。彼はこの年にATPツアーで3勝を挙げ、ATPランキングで48位まで上昇し、トップ50入りを果たしました。また、21歳以下限定のネクストジェネレーション・ATPファイナルにも出場し、3位となりました。

2018年はメドベージェフにとって初優勝の年となりました。彼はこの年にATPツアーで3勝を挙げ、シドニー国際ではアレックス・デミノーを破って初優勝を飾りました4。彼はこの年に4大大会でも初めて4回戦に進出し、全豪オープンでは敗退しましたが、ウィンブルドンでは4回戦まで進みました。彼はこの年にATPランキングで16位まで上昇し、トップ20入りを果たしました。

2019年はメドベージェフにとって最高の年となりました。彼はこの年にATPツアーで4勝を挙げ、ソフィア・オープンでは優勝しました。彼はこの年に4大大会でも初めて決勝に進出し、全米オープンではラファエル・ナダルとの死闘の末に敗れて準優勝となりました。彼はこの年にATPマスターズ1000でも初めて優勝し、ウエスタン・アンド・サザン・オープンではダビド・ゴファンを破って優勝しました。彼はこの年にATPランキングで5位まで上昇し、トップ10入りを果たしました。また、ATPファイナルズにも初出場し、決勝でドミニク・ティエムを破って優勝しました。

2020年はメドベージェフにとってコロナ禍の影響もあり、苦戦する年となりました。彼はこの年にATPツアーで1勝も挙げられず、4大大会でも全豪オープンと全米オープンでは準決勝まで進みましたが、全仏オープンでは1回戦で敗退しました。彼はこの年にATPランキングで4位まで下降しました。

2021年はメドベージェフにとって再び飛躍の年となりました。彼はこの年にATPツアーで3勝を挙げ、マーシュ・オープンでは優勝しました。彼はこの年に4大大会でも初めて優勝し、全米オープンではジョコビッチを破って優勝しました。彼はこの年にATPランキングで1位まで上昇し、トップ1入りを果たしました1。

  • [PR]

    ダニール・メドベージェフの年収

メドベージェフの年収は、主にテニスの賞金やスポンサー収入で構成されています。2021年の全米オープンで優勝したことで、彼は250万ドル(約2億7500万円)の賞金を獲得しました。また、彼はBMWやロレックスなどの有名ブランドと契約しています。2020年には、彼はテニス選手として世界で13番目に高い収入を得たと報じられました。その額は約1400万ドル(約15億4000万円)でした。

  • [PR]

    ダニール・メドベージェフの名言

メドベージェフは、テニスの試合やインタビューで様々な名言を残しています。以下はその一部です。

「私は自分が最高だと思っているわけではありませんが、私は自分が最高になれると信じています」

「私は自分のテニスを楽しんでいます。私は自分のテニスが他の人と違うと思っています。私は自分のテニスがユニークだと思っています」

「私は常に勝つことに集中しています。私は常に勝つことを目指しています。私は常に勝つことを望んでいます」

「私は自分の強みを知っていますし、自分の弱みも知っています。私は自分の強みを最大限に活かし、自分の弱みを最小限に抑えることを試みています」

「私は自分がどれだけ努力したかを知っていますし、自分がどれだけ成長したかを知っています。私は自分がどれだけ成功したかを知っていますし、自分がどれだけ失敗したかも知っています」

  • 「私は自分が嫌いな選手です。私は自分がプレーするときに自分がどう見えるかを知っています。私は自分がプレーするときに自分がどう感じるかを知っています。私は自分がプレーするときに自分がどう思うかを知っています。そして私はそれが嫌いです」(2019年全米オープン準決勝後のインタビューで)
  • 「私はテニスを愛しています。でもテニスも私を愛してくれますか?」(2020年全豪オープン4回戦後のインタビューで)
  • 「私はテニス界のジョーカーです。でもジョーカーではありません」(2020年ATPファイナルズ決勝後のインタビューで)
  • 「私はテニス界のアウトサイダーです。でもアウトサイダーではありません」(2021年全米オープン決勝後のインタビューで)
  • 「私はテニス界のバッドボーイです。でもバッドボーイではありません」(2021年全米オープン決勝後の記者会見で)
[PR]

ダニール・メドベージェフの家族

メドベージェフは2018年に結婚しました。彼の妻の名前はダリア・メドベージェワで、彼女も元テニス選手です。彼らは2019年に結婚式を挙げましたが、それまでは秘密裏に結婚していたことを明かしました。彼らに子供はいませんが、将来的に子供が欲しいと考えていると言われています。彼の両親の名前はセルゲイ・メドベージェフとオルガ・メドベージェワで、彼らはエンジニアです。彼には兄弟はいませんが、従兄弟のダニール・メドベージェフという同名の人物がいます。

[PR]

ダニール・メドベージェフの趣味、プライベート

メドベージェフはテニス以外にも様々な趣味を持っています。彼はチェスやビデオゲームが好きで、特にFIFAやNBA 2Kなどのスポーツゲームに熱中しています。彼はまた、読書や映画鑑賞も好きで、特にハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リングなどのファンタジー作品に興味があります。彼は自分のプライベートな時間を大切にしており、SNSやメディアにはあまり露出しません。彼は自分の家族や友人と過ごすことを好みます。

[PR]

ダニール・メドベージェフの好きな食べ物

メドベージェフは食べ物に関してはあまり好き嫌いがなく、色々な料理を楽しんでいます。彼は特に寿司やピザが好きで、よく食べていると言われています。彼はまた、チョコレートやアイスクリームなどの甘いものも好きで、時々ご褒美として食べていると言われています。彼は自分の体調やパフォーマンスを考えて、栄養バランスの良い食事を心がけています。

ダニール・メドベージェフの性格

メドベージェフはテニスコート上では非常に集中力が高く、冷静沈着でストイックな性格です。彼は自分のテニスに自信を持っており、どんな相手にも臆することなく挑戦します。彼はまた、自分のテニスを常に改善しようと努力しており、新しい戦術や技術を試すことを恐れません。彼は自分のテニスを「ユニーク」と表現しており、他の選手とは違うスタイルを持っています。

一方で、メドベージェフはテニスコート上では時々感情的になったり、問題行動を起こしたりすることもあります。彼は審判や観客と衝突したり、暴言を吐いたり、小銭を投げつけたりすることで批判されたことがあります。彼はそのような行動を後悔し、謝罪することもありますが、それでも「悪童」というレッテルが付いてしまっています。

しかし、テニスコート外ではメドベージェフは非常に優しくて謙虚な性格です。彼は自分の家族や友人を大切にしており、感謝の気持ちを忘れません。彼はまた、ファンやメディアに対しても礼儀正しく接しています3。彼は自分の素行の悪さについて「本当は穏やかな性格なんだ」と語っており、若さゆえの未熟さもあるのかもしれません。

ダニール・メドベージェフのユニークなエピソード

メドベージェフはテニスの実力だけでなく、その奇行や問題行動でも話題になることが多い選手です。彼のユニークなエピソードをいくつか紹介しましょう。

2016年のサバンナ・チャレンジャーでは、審判と観客が黒人であることに不満を持ち、審判に「友人」のドナルド・ヤングに有利な判定をしたと暴言を吐きました。この差別的な言動により、試合中に失格となりました。
2017年のウィンブルドン選手権では、2回戦で審判の判定に納得がいかず、試合後に審判台に向かって小銭を投げつけました。この行為は非常に失礼で不適切なものとして批判されました。
2019年の全米オープンでは、3回戦で観客からブーイングを受けたことに腹を立て、中指を立てたり、観客を挑発したりしました。この態度は大会主催者から罰金を科されましたが、メドベージェフは「ブーイングが自分のエネルギーになった」と語りました。
2021年のローマ・マスターズでは、自分の苦手なクレーコートでプレーすることに嫌気がさし、「クレーコートではもうプレイしたくない」「腐ったコートだ」「犬みたいに泥だらけになりたい奴はせいぜい頑張ればいい」と発言しました。また、スーパーバイザーに「頼むから失格にしてくれ」と懇願するという奇妙な場面もありました。
メドベージェフは自分の素行の悪さについて「本当は穏やかな性格なんだ」と語っており、若さゆえの未熟さもあるのかもしれません。しかし、彼のプレーは非常に高いレベルであり、今後も世界トップの選手として活躍することが期待されます。

ダニール・メドベージェフの使用ラケット

メドベージェフの使用ラケットは、テクニファイバー ティーファイト 305 アイソフレックス 2022です。このラケットは、パワーとコントロールの最高のバランスを目指して作られたもので、フェイスサイズは98平方インチ、重さは305g、バランスポイントは325mmというスペックです。メドベージェフは、このラケットを使って強烈なストロークを繰り出しています。

ダニール・メドベージェフの使用ストリング

メドベージェフの使用ストリングは、テクニファイバー レーザーソフトです。このストリングは、2023年4月に発売された新作で、耐久性と反発性に優れたものです。メドベージェフは、このストリングを使ってボールにスピンとパワーを与えています。

ダニール・メドベージェフの着用シューズブランド

メドベージェフの着用シューズブランドは、ラコステ AG-LT 23 Ultraです。このシューズは、軽量で快適な履き心地と優れたグリップ性能を兼ね備えたもので、メドベージェフの足元をサポートしています。

ダニール・メドベージェフの契約ウェアブランド

メドベージェフの契約ウェアブランドは、ラコステです。このブランドは、テニス界の伝説的な選手であるルネ・ラコステが創業したもので、高級感とスポーティーさを併せ持つデザインが特徴です。メドベージェフは、このブランドのウェアを着てエレガントな印象を与えています。

ダニール・メドベージェフの2023年の大会のスケジュール

メドベージェフの2023年の大会のスケジュールは、現時点では完全には決まっていませんが、一部の大会については出場が発表されています。以下にその一覧を示します。

9月20日〜26日:珠海選手権(中国/珠海、ハード、ATP250)
9月28日〜10月10日:チャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)
10月4日〜10日:ロレックス・上海・マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)
11月14日〜20日:ニットーATPファイナルズ(イタリア/トリノ、ハード、ATPファイナルズ)
これらの大会に加えて、四大大会やマスターズ1000などの主要な大会にも出場すると予想されます。ただし、新型コロナウイルスの感染状況や選手の体調などによっては変更になる可能性もあります。メドベージェフの最新のスケジュールは、彼の公式SNSやATP公式サイトで確認することができます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました