ガット・ストリング

ルキシロン アドレナリン インプレ 評価 感想【しなやかに飛ばすガット】

今回はルキシロンのアドレナリンを試打した感想をレビューさせて頂きます。

【使用ラケット】
バボラ ピュアアエロ

【ゲージ(太さ)】
1.20/1.25/1.30mm 展開

【テンション】
50lbs(ポンド)

1.25mmを試打しました。

普通のポリエステルよりも柔軟性の高い、リキッド・クリスタライン・ポリマーという謎素材を使用し、弾力性と反発性を上げたガットだそうです。

弾力性には目が無い私としては気になっていたガットです^^

ややゴールド寄りのシルバーカラー、落ち着きのある色です。

アドレナリンのメーカー公式コメント

「リキッド・クリスタライン・ポリマー」 が、パワーとスピードにマイルドなフィーリングをもたらしたモデル。コストパフォーマンスが高く、エントリーユーザーにお勧め。

出典:アドレナリン 公式ページ

アドレナリンを実際に打ってみた感想

・独特の弾力性とホールド感、しかし打感は軽め。コントロールしやすい。
・すごく飛ぶけど打感が良く、飛んで行ってしまう感じではない。
・スピンはそれなりにかかるがフラットドライブ向け。

独特のしなやかで弾力のある打感が気持ちいいです。少しだけナイロンマルチっぽいしなやかさです。

気持ち良く飛ぶのに自分で飛ばしているような感覚があるのでコントロールしやすく、どんどん振っていけます。

スピンも問題なくかかります。

ハイボレー等もパワーロスせず力が伝わりました。

サーブは擦れたり「バン!」と強い衝撃で当たるというよりは、柔らかく引っかかる感じでこれはこれでコントロールしやすく、良いスピンサーブが打てました。

性能バランスが良いガットなのでおすすめです^^

アドレナリンの長所

一番の特徴はやはりホールドとリリースの絶妙なバランスです。
楽に飛ぶガットですが、強打してもコントロールを失いにくいです。

アドレナリンの短所

私は大丈夫でしたが、超ハードヒッターにとっては飛び過ぎるガットかもしれません。
飛び過ぎる場合はテンションを上げるか、1.30mmの太いゲージを選んだ方が良いと思います。

【比較】アルパワーとの違い

アルパワーと比較すると、飛びは良く、打球衝撃は非常に少なく、スロースイングでもコントロールしていけます。

球離れはアドレナリンの方が早いです。

スピンは同じくらいかかりました。

アドレナリンをおすすめしたいプレーヤー

・楽に飛ばしたい、打球衝撃を減らしたい方。
・ポリの「バン!」という強い打感が苦手な方。

に向いていると思います。

打球衝撃が少なく、良く飛ぶので、ヘッドのプレステージMPやブレード18×20、プリンスのファントムプロ等の薄ラケに向いていると思います。

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン