ガット・ストリング

ルキシロン アルパワー パープル 限定色【性能比較】打ち味の違い

プロ選手使用率の高いテニスガットである、ルキシロン アルパワーの別カラーや限定色について紹介、解説します。

ノーマルのアルパワーの色はシルバーです。

アルパワーの20周年記念カラーとは?

何を記念としたモデルかというと、グスタボ・クエルテン選手が全仏オープン初優勝を果たしてから20周年記念、という事だそうです。

グルタボ・クエルテン選手は1997年に全仏オープンでアルパワーを使用し、見事ノーシードから優勝したとか。

アルパワーを流行らせた張本人と言っても過言ではないですね^^
そんな彼の愛称「グーガ」にちなんでグーガパープルと名付けられた紫色の限定カラーです。

紫といってもそんなに派手ではなく、やや暗い紫で落ち着いていてきれいです^^

GOSENのILD16よりも暗い紫です。

色違いという事ですが、私が気になるのはガットの色による性質の違いです。

今までの経験上、グリップはもちろん、ガットの色によって性質が微妙に異なる事は多いです。

ナイロンガットは色によって大きく性質が異なることが多いですが、ポリガットは今まで微妙な差しか感じた事はなかったです。

さて、アルパワーの限定カラーはノーマルカラーとどう性能が違うのでしょうか^^

アルパワー パープルとアルパワーの違い【性能比較】

・微妙に粘り感が無い(ような気がする)。
・微妙に打球感が柔らかい(ような気がする)。

以上の違いが感じられました。

正直、ほぼ違いは感じられず、ノーマルカラーのアルパワーユーザーが使用してもほぼ問題ないと思います。

 

私はピュアアエロは1本しか持っていませんし、同時に張って同じ日に同じ環境で試したわけではないので何とも言えませんが、

微妙にアルパワー独特の粘り感が弱い、ごく普通のポリガット感が感じられました。

また、微妙に打球感がソフトで、打つのが楽に感じられたように思えます。

 

ただ、「気のせいかな?」で済むくらいの違いなので、今回のように身構えてテストしなければ気にならないレベルだと思います。

単なる色違いとして楽しめる範疇だと思います^^

 

※もう廃版になり、取り扱い店舗がほぼ無くなりました。

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン