ガット・ストリング

ルキシロン 4G ラフ インプレ 評価 感想【爽快感のある高反発ガット】

ガットのインプレです。

今回はルキシロンの4G ラフを試打した感想をレビューさせて頂きます。

【使用ラケット】
バボラ ピュアアエロ

【ゲージ(太さ)】
1.25mm 展開

【テンション】
50lbs(ポンド)

今回は1.25mmを使用しました。(1.25mmしか無いようです)

ボールスピード、スピン量、スピンをかける際のガシャりにくさが優れてる4G。

私が試した中での問題点は、コーティングが厚いせいか、スピンをかける時の打感がぼやけていてややモッタリしているところでした。

4Gラフでは凹凸加工により、そのフィーリングが敏感になり、丁度良くなっている事に期待。

 

4Gラフの公式コメント

[POWER + CONTROL + TENSION MAINTENANCE + Natural SPIN]テンション維持性能抜群の4Gに凹凸をつけることで、ナチュラルなスピン性能とソフトフィーリングを向上したモデル。

出典:ウィルソン - ルキシロン 4Gラフ

ルキシロン 4Gラフを実際に打ってみた感想

・ボールスピードが出る。
・打感は柔らかいが球離れは4Gよりさらに早い。
・打感の重さは普通。4Gより少し軽い。
・スピンはとてもかかる、打球時のフィーリングも良い。

4Gが抱えていた打感の問題が見事に改善されています。

ノーマルの4Gは引っかける感覚があまり無いのにスピンはかなりかかっている、という不思議なガットだったのですが、

4Gラフは引っかける感覚があり、気持ちの良いものになっていました。

その分球離れが早くなっているのですが不思議とコントロールはしやすいです。

ルキシロン 4Gラフの長所

4Gと同様、ボールスピード、スピン量、スピンをかける際のガシャりにくさが優れています。

擦りまくっても他社のポリガットよりもスピードが出て、速いアングルショットが打てました。

ボレーもきれいにドンと反発して楽に感じました。

ルキシロン 4Gラフの短所

球離れが早すぎると感じ、少し硬く感じる方もいるかもしれません。

球離れは早いですが、ポリエステルの中では柔らかい方だと思います。

慣れの問題ですが、打ちごたえはあまりないです。

【比較】4G、アルパワーラフとの違い

ルキシロンの4Gと比較すると、スピンがかかり、球離れはさらに早いです。

ルキシロンのアルパワーラフと比較すると、球離れがかなり早いので硬く感じる方が多いと思います。

シャープな弾きでボールスピードは出ますが、アルパワーラフの方がしっかりホールドして力を伝えられるので、重いボールが打てると思います。

ルキシロン 4Gラフをおすすめしたいプレーヤー

・スピンをかけたいけどガシャりまくって悩んでいる方
・ボールスピードを速めて速い展開でテニスをしたい方
・ガットのテンションや反発などの性能の低下に敏感な方

に向いていると思います。

ラフ加工でスピンのフィーリングが向上した分、ピュアアエロVコアSV98等の引っ掛かりの良いラケットだけではなく、

プロスタッフ97やCX200等のボックス形状のラケットにも合わせやすくなったと思います。

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン