テニスラケット

V CORE SV(100、98、95) 比較 評価 インプレ【スピンコントロールがピカイチ】

 

日本だけでなく、世界でも愛されるVコアシリーズ

前作のVコアSIは西岡選手やファン・モナコ選手も使用していましたね。

それだけでなく、上手いジュニアの選手でも使用しているのを多く見かけます。

 

一般選手から見るとプロ選手は遠すぎて参考になりませんが、ジュニア選手が所有していると信頼できるような気がしますね^^

 

今回は、

Vコア エスブイ 100 (300g)
Vコア エスブイ 98 (305g)
Vコア エスブイ 95 (310g)

を試打しました。

 

前作のSIとはうって変わってブラック×レッドの攻撃的なカラーです。

「VコアツアーFに似てね?」と思うかもしれませんが、SVは光沢があるのと、先端がしゃもじ型ではないので印象が変わります。

 

YONEX VCORE SVシリーズ インプレ 3機種共通の感想

・前作に比べて振り抜きがさらに良くなり、球威が上がった。
・前作よりフェイス先端部でのヒットに安心感を感じた。
・前作の長所であるサーブやボレー、スピンのコントロール性は保たれている。

前作V CORE SI(100、98)と比較すると、やはりパワーが出ますね。

先端のニューエアロフィンによるスイングスピードのアップはもちろん、

前作よりも若干先端のフレームが厚くなっているので先端でのストロークやサーブでパワーロスしにくくなっています。

パワーが出たといってもじゃじゃ馬感はなく、どちらかというとコントロールラケットの部類に入ると思います。

それに簡単に振りぬける分、思い切ってスピンをかけていけますよ(^◇^)

 

VCORE SVシリーズ 3機種の比較と選び方

選び方ですが、

Vコア エスブイ 100 / 高い弾道のスピンで跳ねさせる

Vコア エスブイ 98 / フラットドライブやショートクロスでコースを正確に狙う

Vコア エスブイ 95 / 常に体を使って振り切り、強い球に打ち負けない、アウトしない

を最優先

というプレイスタイルに分かれると思います。

私は100が一番気に入りました^^

スピンで粘ってチャンスボールを待って前に出てボレー、というスタイルなので一番使いやすかったです(^◇^)

 

VCORE SV 100 (300g)のインプレ、評価、感想

スペック

フェイスサイズ :100平方インチ
ウェイト :約300g
レングス:27.0インチ
バランス:約320mm
フレーム厚:25-25-22mm
ストリングパターン:16×19

高い弾道のスピンで攻めるならこれです!

黄金スペックですが、ピュアドライブEZONE100と比較すると飛びは抑えられ、コントロール性は高いです。

 

 

VCORE SV 98 (305g)のインプレ、評価、感想

スペック

フェイスサイズ :98平方インチ
ウェイト :約305g
レングス:27.0インチ
バランス:約315mm
フレーム厚:22-22-21mm
ストリングパターン:16×20

フラットドライブのコントロール性は高いですが、スピンもちゃんとかかりますし、自分でかけていける方には良いと思います。

サーブやショートクロスのコース狙いに向いているラケットです!

VCORE100よりも力強く、重いボールが打てます。

 

VCORE SV 95 (310g)のインプレ、評価、感想

スペック

フェイスサイズ :95平方インチ
ウェイト :約310g
レングス:27.0インチ
バランス:約310mm
フレーム厚:21-21-20mm
ストリングパターン:16×20

振り切ってもボールはあまり飛ばず、抑えが利きます。

サーブやストローク、スピンロブにおいてそれを求める方には良いと思います。

 

スピンコントロールはとてもしやすいです。

特にサーブで回転がかけやすいです。

 

あと、ボレーの打ち負けなさが印象的でした。

パーンと弾かれてしまうことは無く、ドンと強く厚く返るので、こちらの方が楽な方は楽なのだと思います。

 

若い爆速フラットサーブやストロークの使い手だけではなく、丁寧にボレーを決めるシニアプレーヤーが使用しても面白いかもしれません(^◇^)

軟式上がりのアウトに悩んでる方にもおすすめしたいです^^

 

-テニスラケット
-

© 2020 テニスドキャノン