テニスラケット

EZONE 100 2017 インプレ 試打 感想【シャープな飛びに】

大人気の日本メーカー、ヨネックスのイーゾーンシリーズの新作、イーゾーン100のインプレです。

大坂なおみ選手の使用ラケットの100平方インチバージョンです^^

 

イーゾーン100(2017)のデザイン

従来のイーゾーンシリーズとはうって変わって鮮やかなカラーリングになりました。

前作ではダークグレーに細く淡いライムグリーンの差し色でしたが、今作ではブラックに鮮やかなライムグリーンとハッキリ色分けされていて、デザイン的にもシンプルで無駄が無く、洗練されています。

 

EZONE100 2017の搭載機能、テクノロジー

 

テクノロジーは以下の通りです。

 

・アイソメトリック
フレームトップ部の形状を前作よりスクエア形状に変更する事によりスウィートエリアを拡張

・新カーボン素材「ハイパーMG」を搭載
フレームトップ部にヨネックス史上最も弾性の高い素材に変更。たわみ性能は維持し、剛性を高めながらも柔らかい打球感を実現

・マイクロオフセットレイアウト
ストリングの配向位置を精密に設定し、ストリングの可動域を維持しながら雑振動を大幅にカット。

・クウェークシャットゲルエア
3層に重ねた高度の異なる制振素材をグリップ内に搭載し、振動をカット

 

という事ですが、流行なのか、他社品と同様に雑振動を減らすように変更したようです。

前作のEZONE DR 98と100の心地よい雑振動とホールド感のある打感が好みだったのですが、それがどう変更されているか楽しみです^^

 

実物を見てみますと、フェイス上部がスクエア形状に戻ってます。

 

EZONE AIとDRは丸型に寄せてきましたが、それ以前のEZONE XIに近い「しゃもじ型」に戻っています。

これぞヨネックスですね^^

 

あと、グロメットの形状がピュアアエロみたいに空気抵抗が少ない仕様になっています

振り抜きが良くなっていることに期待。

 

EZONE100(2017)のカタログスペック

 

ウェイト:G/約300g , LG/約285g
レングス:27.0インチ
バランス:G/約320mm , LG/約325mm
フレーム厚:24-26-22mm
ストリングパターン:16×19
LGはライトグリップタイプです。楽に振り抜きたい方におすすめです^^

 

EZONE100(2017)のインプレ、試打、感想

・雑振動が無くなり、前作よりも打球感がハッキリした
・打感がシャープになり、前作よりも思い切ってスピンをかけていける。
・スウィートスポットは広いが、前作との違いはわからない
・ホールド感があり、柔らかい打感だが前作の方が柔らかく感じる。

以上の4点、これを特に感じました。

 

[ストローク]

 

前作よりも打感がシャープになった分、ガシャる事を気にせず思い切って回転をかけていけます。

ちょっと柔らかくて優しいピュアアエロ」という感じです。

飛びは良いですが、ピュアアエロみたいに一歩間違うと吹っ飛んでいくような感じは無く、もう少し掴む感覚があります。

 

前作のDR100と比較すると打感はシャープになり、若干硬くはなっていますが、全体的な中厚ラケットの中では柔らかい方です。

 

ホールド感もちゃんとあるのでメーカーの狙い通り、柔らかい打感は維持できているように思えます。

 

[ボレー]

 

スライスボレーがとても楽しいラケットです。

前作と比較するとタッチが良くなっていて、ドロップボレーもストレス無く打てます。

 

[サーブ]

 

スピンサーブの打感もシャープになっていて、前作よりも回転とパワーのコントロールがしやすいです。

ただ、先端部分は前作よりも硬くなり、飛びも悪くなっています。

前作のDR100には先端部分にパワーがありすぎて回転重視の飛びを抑えたスピンサーブが打ちにくかった、という方には良いのではないでしょうか^^

 

[リターン]

 

特に打ち負けるなどの問題は無く、上手く返球できました。

サイドやセンターに振られた時、スピンをかけて強く返球するのが特にやりやすかったです^^

 

[インプレまとめ]

 

ガンガンスピンをかけていきたい、でもちょっと柔らかいラケットがいい、という方におすすめです。

ピュアアエロで腕や手首を痛めている方にはぜひEZONE 100を試してほしいですね^^

 

ヨネックスラケット全般に言える事ですが、先端部の打感や回転のかけやすさはやはりヨネックスが強いと思います。

「先っちょの事ならヨネックス」というキャッチコピーがあっても良いと思います(笑)

 

EZONE 100(2017)に合うガット

 

試打ラケットにはポリツアープロ 125というポリエステルのガットが張ってありました。

このガットは柔らかくて打ちやすいガットで、このラケットに合っていると思います。

 

ポリツアープロの打感の重さが気になるのであれば、ポリツアーエア等の楽に飛ぶポリガットが良いと思います。

 

フレームに合わせたグリーンガットであれば、

・ヨネックス ポリツアーHS
・プリンス ツアーXP
・ソリンコ ハイパーG
・ポリファイバー ツアープレイヤー グリーンタッチ

等があります。

色から入ってみるのも良いですね^^

 

[同シリーズの別モデルの紹介]

EZONE98(2017)のインプレ記事もあります。

こちらはEZONE100よりもコントロール志向で力強く、ホールド感のあるラケットです。

参考EZONE 98 2017 インプレ 試打 感想 レビュー【バランスの良い万能ラケット】

続きを見る

 

-テニスラケット
-

© 2020 テニスドキャノン