テニスラケット

プロスタッフ 97 & 97S & 97LS 2017 比較 インプレ 評価

 

大人気の2017年プロスタッフシリーズ。

 

プロスタッフ97
プロスタッフ97S
プロスタッフ97LS

を試打し、感想をレビューしていきます。

 

ブラック×レッドの攻撃的なカラーに少しホワイトやシルバーのアクセントカラーが入ったネオクラシカルで上品なデザインが良いですね^^

こだわりを感じます^^

ガットは全てNXTコントロール16が張ってありました。

 

プロスタッフ2017 シリーズ共通のインプレ

共通の感想が、

・意外と弾きが良い割には適度にホールドしてコントロールしやすい。
・サーブとボレーが打ちやすく、打感が気持ちいい。
・振り抜きが良く、簡単にボールスピードが出る。

前作のプロスタッフと比較すると、やはりフェイスが大きくなった恩恵は大きいと思います。

フラットでガンガン打って行きたいパワーヒッターの方は前作の方が良いと思いますが、97の方がパワーも出ますし、

あまりガシャリを恐れずにスピンをかけていけるので易しいとは思います。

私はナイロンマルチのガットで充分抑えが効いていましたが、お好みでポリを張っても使えると思います。

 

ボレーはやはりやりやすいですね。プロスタッフ独特の打感を残しつつ、気持ち良く弾きます。

フェイスが大きくなった事に対して心配していた面ブレも少なく快適でした。

 

プロスタッフといえば中級者~上級者向けラケットに思えますが、これはそこまで飛ばないこともないですし、

スイートスポットを外してもまだ飛んでくれるので、初級者にもおすすめできるラケットかなと思います。

 

ボレーの感覚やストロークでのスピン量の調整など、上達のヒントがつかみやすいかも^^

 

プロスタッフ 97のインプレ

 

フェイスサイズ :97平方インチ
ウェイト :約315g
レングス:27.0インチ
バランス:約310mm
フレーム厚:21.5mmフラット
ストリングパターン:16×19

3機種のうち、一番弾きが良く、シャープな打感でした。

スピード重視、速い展開でフラットストローク、前で攻めたい方にはおすすめです。

この中では一番万能だと思います。

 

好みの問題ですが、スピンで低く浅いボールを持ち上げるのは97Sや97LSの方が持ち上げやすかったです。

コツをつかめば持ち上げる時にもスピードが出るのはこのラケットです。

 

プロスタッフ 97 S 2016 のインプレ

フェイスサイズ:97平方インチ
ウェイト:約310g
レングス:27インチ
バランス:約335mm
フレーム厚:19.5mm ストリングパターン:18×17

ディミトロフ選手モデル

 

トップヘビーで一番重く感じました。

 

ストロークはフェイスの重みのせいか、とても回転がかけやすくコントロールしやすいです。

Sラケとはいえ、18×17なので結構しっかりしていて、フレームが薄いのでフラット気味に打っても思ったところ飛んでボールがカクンと落ちて収まります。

 

サーブとボレーに関しては97と97LSに軍配が上がります

97の方がラケットが暴れにくい事と、97LSの方が軽くてずっと振っていけるからだと思います。

集中すればいいサーブが打てるんですけどね(;'∀')

 

打ちやすい事は打ちやすいですが、3機種の中では体力的、技術的にも難しく感じました。

ヘビースピナーや、スピン量に悩んでいる方にはおすすめです^^

 

プロスタッフ 97 LS 2015のインプレ

 

フェイスサイズ:97平方インチ
ウェイト:約290g
レングス:27.0インチ
バランス:約325mm
フレーム厚:23mmフラット
ストリングパターン:18×16

爆速サーブが打てます(笑)

ボレーの取り回しも良いですし、軽いですがフレームが少し厚いのでボレーで打ち負ける感じはありません。

 

速いスイングでは可もなく不可もなくという感じでしたが、遅いスイングの時に良さが出ました。

遅いスイングの割には速いスピンボールが打てるしコントロールがしやすかったです。

女性やジュニア、シニアの方かサーブ&ボレーヤーに良いかもしれませんね^^

 

 

-テニスラケット
-

© 2020 テニスドキャノン