テニスラケット

ウルトラ100 & 103S (2016)比較 インプレ 評価(弾いて収まる)

ウィルソンから新しく出たウルトラシリーズ。

今回は、

ウルトラ100(300g)
ウルトラ100S(290g)

を友人にお借りして試打しました。

 

ウルトラ100は30代男性が使用、ガットはルキシロンの4G 125を48ポンド、

ウルトラ100Sは40代女性が使用、ガットはak pro16を52ポンドでした。

 

知性と色気を感じる、男女両方いけるデザイン。

カッコ良くて好きです^^

 

ウィルソン ウルトラシリーズ共通のインプレ・感想・評価

共通の感想が、

・弾きが良く、楽に打てる。
・弾きが良いのに飛びが抑えられ、振っていける。
・一瞬の食いつきがあるので、スピンがかけやすいし軽いタッチショットもしやすい。
・打感が柔らかく、スイートスポットを外しても振動が少ない。

何これ最強じゃない(´・ω・`)

ずっとこういうラケットを探していました。

ラケットをとっかえひっかえ、ガットをとっかえひっかえしていましたが悩みが改善されるとまた別の悩みが出るものです。

 

弾きの良いラケットは飛びすぎたり、球離れが早くてスピンをかけれずボールが吹っ飛んでアウトするものです。

また、力を入れたり方向づける前に飛んでしまってコントロールしにくい事も。

逆にボールが食い付いてスピンがかけやすいラケットはボールがホールドしている間に必要以上の力で打って行かないといけないので疲れます。(その分パワーは出ますが)

どちらにも悩んでガットやラケットを変える方は多いと思いますが、このラケットはそれらが両立できています(*´▽`*)

 

「ウルトラはいる。」のキャッチコピーは伊達じゃないですよ!!

 

今までは「おすすめのラケットある?」って聞かれたらピュアアエロかピュアドライブかブレードって答えていましたが、

これからはめんどくさいので「ウルトラ」って答えたいところですね。

 

ピュアアエロのスピン性能が好きだけどコントロールしきれない人

ピュアドライブの弾きが好きだけど冬場の振動や硬さがつらい人

ブレードの球乗り感が好きだけどもう少し楽に飛ばしたい人

 

みんなウルトラ使えばいいんだよ(*´▽`*)

 

「とりあえずこれを買え!」というオールラウンドなラケットといえばピュアドライブが有力ですが、

最近のラケットはバボラを筆頭にフレームが硬いので剛性と引き換えに衝撃が凄いです。

 

ウルトラは剛性を保ったままマイルドな打感を実現しているので、ピュアドラに取って代わる存在になるかもしれません。

むしろ、ウルトラこそが基準になってほしいですね。

 

最近のラケットは硬いので(しつこい)、年配の方が柔らかいガットを張りながらも肘を痛めたり、

肘を守るために極端にゆるく張ってラケットを振り切れずにアウトが増えたりするのを多く見かけます。

 

このウルトラなら極端な性質のガット、極端なテンションで合わせる必要なないんじゃないかと思います。

 

ULTRA 100(300g)のインプレ

フェイスサイズ 100平方インチ
ウェイト 約300g
レングス 27インチ
バランス 約320mm
ストリングパターン 16×19

ウルトラ103Sの方がスピンがかけやすく、飛びは良いですが、ガット次第で同等のボールを打つことは可能です。

100の方が若干コントロールしやすかったです。

私はこちらのほうが好みです^^

 

ULTRA 103S(290g)のインプレ

 

フェイスサイズ 103平方インチ
ウェイト 約290g
レングス 27.25インチ
バランス 約335mm
ストリングパターン 16×15

ストリングパターンが粗い分、スピンが良くかかってボレーもストロークも楽に打てました。

トップヘビーですが細かいバランスが考えられているのか、操作性は良かったです。

あんまり柔らかくないナイロンガットのAK proを張っていましたが、リターンやボレーでも硬さは感じなかったです。

まだ振れない女性でも、振っていける男性でもいけそうですね^^

 

 

-テニスラケット
-

© 2020 テニスドキャノン