ガット・ストリング

シグナムプロ ポリメガフォース インプレ 評価 感想【粘りと万能感】

 

ガットのインプレです。

今回はシグナムプロのポリメガフォースを試打した感想をレビューさせて頂きます。

【使用ラケット】
バボラ ピュアドライブ2015

【ゲージ(太さ)】
1.19mm/1.24mm/1.29mm/1.34mm 展開

【テンション】
50lbs(ポンド)

今回は1.24mmを使用しました。

灰色のガットでアルパワーみたいです^^

 

ポリメガフォースを実際に打ってみたインプレ、評価、感想

・打球感は柔らかくて威力が出る。
・独特の粘り、ホールド感がある。
・ホールド感はあるけど打感はあまりぼやけていない。
・スピンはかかる。引っかけてもホールドさせてもかけやすい。
・値段が安い

割と万能ガットのように思えます。打感も良いですし個人的に好きです。

 

ポリメガフォースの長所

 

どのショットも無難に打てました。

とてもバランスの良い性能だと思います。

「このガットはこうだからこういう風に打たないと」など、道具の事を気にせずにプレーできるのが私の理想なのですが、

そういった意味ではこれは私にとって理想のガットなのかもしれません。

 

更なる理想を追い求めて他のガットを試しますが(笑)

 

ポリメガフォースの短所

 

無いと思います。

強いて言えば、これはポリエステルガットなので、

ナイロン派の方にとってはボレーやリターンで打感が重く感じる等の不満があるかもしれません。

 

【比較】ポリプラズマ、プラズマピュア、アルパワー、ツアーバイトとの違い

 

性能はポリプラズマプラズマピュアよりも柔らかく、パワーが出ます。

 

他のグレーカラーのガットで、

アルパワーと比較すると、アルパワーほどの極上のホールド感は無いですが、高いホールド感があり、コントロールしやすいです。

アルパワーユーザーは性能維持性を考えて試してみるのもアリかもしれません。

1.29mmも試しましたが、1.24mmより1.29mmの方がアルパワーに近いホールド感があります。

 

ツアーバイトと比較すると、ツアーバイトの方が打感が硬くて重くてしんどいですが、スピン量はツアーバイトの方が圧倒的にかかります。

 

ポリメガフォースに合うラケット

 

バランスの取れたガットなので、どのラケットにも合わせやすいと思います。

積極的に叩いていきたい人は1.29mm、タッチ重視の人は1.24mmがおすすめです^^

 

ポリメガフォースの最安値を探そう!

 

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン