ガット・ストリング

シグナムプロ サンダーストーム インプレ 評価 感想【超高反発ガット】

ガットのインプレです。

今回はシグナムプロのサンダーストームを試打した感想をレビューさせて頂きます。

【使用ラケット】
バボラ ピュアドライブ2015

【ゲージ(太さ)】
1.24mm/1.30mm 展開

【テンション】
50lbs(ポンド)

今回は1.24mmを使用しました。

メーカーによると、高い反発性能や、スパイラル状10角形断面によるスピン性能の高さを謳ったガットのようです。

トルネードはスパイラル状7角形で、それよりも角が増えているので角が緩やかになり、トルネードより無難なコントロール性能になっている事に期待していましたが、結果はあまり良いものではありませんでした(;'∀')

サンダーストームを実際に打ってみた感想

・打感は硬い。
・球離れがかなり早く、良く飛ぶ。
・回転系のサーブとスライスボレーが打ちやすい。

硬い上に勝手に飛んでいく、じゃじゃ馬ガットのほうに思えます。

サンダーストームの長所

楽に飛んで回転がよくかかります。

サーブ&ボレーヤーやタッチ重視のプレーヤーには良いかもしれません。

サンダーストームの短所

打感が硬い上、ホールド感があまり感じられません。

スライス系や回転系のサーブは良いですが、あまりホールドせずにすぐ弾くので威力のある球が打ち辛く、ストロークには向いていないと思います。

【比較】シグナムプロ トルネードとの違い

らせん7角形ガットのトルネードと比較すると、どちらも球離れは早いですがトルネードの方が柔らかい分コントロールしていけるし威力が出ると思います。

シグナムプロ サンダーストームに合うラケット

とても飛ぶガットなのでラケットの飛ぶを補う目的で

プロスタッフピュアストライク、ブレードなどの薄めのラケットに合わせて張るのがおすすめです。

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン