ガット・ストリング

シグナムプロ ハイぺリオン インプレ 評価 感想【シバけるフラット系ガット】

ガットのインプレです。

今回はシグナムプロのハイぺリオンを試打した感想をレビューさせて頂きます。

【使用ラケット】
バボラ ピュアドライブ2015

【ゲージ(太さ)】
1.18mm/1.24mm/1.30mm 展開

【テンション】
50lbs(ポンド)

今回は1.24mmを使用しました。

高反発を謳っているストリングのようです。

高反発と聞いてコントロールできるか心配になりつつの試打です(;'∀')

ハイぺリオンを実際に打ってみた感想

・ボールスピードが出しやすい。
・反発、球離れは良いが案外コントロールしていける。
・打感は程よい硬さ。ホールド感はあるが一瞬。
・フラットドライブ向け。

打つとグッとボールが伸びていきますが、案外コントロールしていけます。

スピンをかけている感覚はあるのですが、フラットドライブみたいに弾道が下がります。

スピードが出過ぎて変化が小さく見えるのでしょうか(;'∀')

速い展開で攻めるテニスをしたい方、ボールスピードを上げたい方におすすめです。

ハイぺリオンの長所

ボールスピードを上げやすいのが最大の長所です。

スピードが上がる割にはコントロールが失われていないので良いガットだなと思いました。

 

サーブとボレーは楽に飛びます。

 

ボレーはちょっと飛び過ぎるので面を合わせるだけにした方が良いと思います。

叩きつけるときは最高です(笑)

ハイぺリオンの短所

回転はかかる事はかかるのですが、ボールの飛び出しが良くスピードが出過ぎるので山なりのスピンが打ちにくいです。

弾道の低いフラットドライブ主体の方には良いと思います。

【比較】ポリプラズマ、ブラックヴェノムとの違い

ポリプラズマと比較すると、ホールド感が無く、スピードを出しやすいです。

どちらかというとハイぺリオンの方が打感が柔らかいです。

黒で飛びの良いブラックヴェノムと比較すると、ハイぺリオンの方が打感が硬く、ホールド感は小さい、しかし打ちごたえはあるように感じます。

ハイぺリオンの方がハードヒッター向けに感じます。

シグナムプロ ハイぺリオンに合うラケット

スピードプロやピュアストライクブイコアプロ97等のコントロール重視のラケットを使用していて、ボールスピードが出なくて悩んでいる方におすすめです。

-ガット・ストリング
-,

© 2020 テニスドキャノン