テクニファイバー NRG2をインプレ!柔らかくてしっかりした打感のポリウレタン系マルチフィラメント

ガット・ストリング

今回はテクニファイバーのポリウレタン系マルチフィラメントストリング、NRG2(エヌアールジースクエア)を試打してみました。

NRG2はテクニファイバーのナイロンガットの中でも人気の高いモデルで、柔らかさと高反発性を兼ね備えたストリングです。

では、NRG2の特徴や感想を詳しくお伝えしていきます。

[PR]

テクニファイバー NRG2の概要

NRG2はテクニファイバーが得意とするポリウレタン系マルチフィラメントストリングです。

ポリウレタンとは、ゴムやプラスチックに使われる合成樹脂の一種で、柔らかくて弾力性があります。

NRG2はナイロン(ELASTYL)とポリウレタンを組み合わせたマルチフィラメント構造で、断面は丸い形状になっています。

NRG2は1.18mm、1.24mm、1.32mmの3種類のゲージがあり、カラーはナチュラルとブラックが選べます。

[PR]

テクニファイバー NRG2を実際に打ってみた感想

NRG2を実際に打ってみた感想を以下の項目に分けてお伝えします。

  • 打感
  • 反発力
  • スピン性能
  • 耐久性
  • コスパ

打感

NRG2の打感は柔らかくてしっかりした印象でした。

インパクト時にボールがグッと食い込んでくれる感覚がありますが、それと同時にしっかりとした手応えも感じられます。

柔らかく押し込んでいくような打球感です。

弾き感もはあまり強くありませんが、ボールが出ていかないような感じもしませんでした。

反発力

NRG2の反発力は比較的高めだと感じました。

ポリウレタンの柔らかさで高反発性を持っています。

ただし、反発力が高いと言っても、ナイロンモノ系のような軽快な弾きではありません。ボールが飛び出すよりも、バウンド後伸びてくれるような反発力です。

そのため、良さを感じるには厚く打つ必要があるかもしれません。

スピン性能

NRG2のスピン性能はあまり高くないと感じました。

表面の滑りもあまり良くなく、ボールにかかる回転量もそれほど多くないように思います。

ボールのホールド感は強いのですが、それでもスピンを掛けて打ち込むよりも、フラット系のショットに向いていると感じました。

耐久性

NRG2の耐久性はあまり高くないと感じました。

テクニファイバーのマルチフィラメント系にありがちなのですが、ノッチが出来る前に表面が毛羽立ってきます。

毛羽立ちが進むと打感や反発力が落ちてきたり、切れやすくなったりするので、注意が必要です。

コスパ

NRG2のコスパはそれほど良くないと感じました。

耐久性が低いこともあり、コスパとしては標準的なポリウレタン系のレベルだと思います。

やダブルスメインの方なら問題ないかもしれませんが、頻繁に打つ方やシングルスメインの方はコストがかかるかもしれません。

[PR]

テクニファイバー NRG2の長所、メリット

NRG2の長所やメリットを以下にまとめます。

  • 柔らかさと高反発性を兼ね備えた打球感
  • しっかりした手応えや打ち応え
  • フラット系やドライブ系のショットに向いたスピン性能
  • タッチの良いボレーやストップなどの繊細なショットに向いた球持ち
[PR]

テクニファイバー NRG2の短所、デメリット

NRG2の短所やデメリットを以下にまとめます。

  • 表面の滑りが悪く、毛羽立ちやすい
  • 耐久性が低く、切れやすい
  • コスパが良くない
  • 弾道角が低く、コントロールしにくい場合もある
[PR]

テクニファイバー NRG2と他のガットの比較

NRG2と他のガットを比較してみます。

NRG2 vs XR3

XR3はテクニファイバーのナイロンガットで、NRG2よりも柔らかくて軽快な打球感です。

NRG2はしっかりした打ち応えがありますが、XR3はふわっとした打球感です。

反発力やスピン性能はNRG2の方が高めですが、XR3は弾道角が高めでコントロールしやすいです。

耐久性やコスパはどちらもあまり高くありません。

NRG2 vs ブラックヴェノム

ブラックヴェノムはポリファイバーのポリエステルガットで、柔らかくてしっとりした打球感です。

NRG2と同じくしっかりした打ち応えがありますが、ブラックヴェノムはポリエステルらしくスピン性能が高く、飛びも良いです。

NRG2はフラット系やドライブ系に向いていますが、ブラックヴェノムはスピン系やトップスピン系に向いています。

耐久性やコスパはブラックヴェノムの方が高めです。

NRG2 vs ブリオ

ブリオはバボラのナイロンガットで、NRG2よりも硬くて弾き感のある打球感です。

NRG2は柔らかくてしっかりした打球感ですが、ブリオは硬くて軽快な打球感です。

反発力やスピン性能はどちらも高めですが、NRG2はバウンド後に伸びるような反発力ですが、ブリオは飛び出すような反発力です。

NRG2は厚いあたりで打つ必要がありますが、ブリオは薄いあたりでも打ちやすいです。

耐久性やコスパはどちらもあまり高くありません。

[PR]

テクニファイバー NRG2に合うラケット

NRG2に合うラケットは、しっかりしたフレームのものがおすすめです。

例えば、ピュアストライクやプロスタッフなどが相性が良いでしょう。

NRG2は柔らかくてしっかりした打感ですが、弾き感や飛びがあまり強くないので、ラケットの硬さや反発力で補ってあげると良いです。

また、ポリエステルガットとのハイブリッドにすることで、スピン性能や耐久性を向上させることもできます。

[PR]

テクニファイバー NRG2をおすすめしたいプレーヤー

NRG2をおすすめしたいプレーヤーは、以下のような特徴を持つ方です。

  • 柔らかさと高反発性を兼ね備えた打球感が好きな方
  • しっかりした手応えや打ち応えが欲しい方
  • フラット系やドライブ系のショットを多く使う方
  • タッチの良いボレーやストップなどの繊細なショットが得意な方
[PR]

まとめ

NRG2はテクニファイバーのポリウレタン系マルチフィラメントストリングで、柔らかさと高反発性を兼ね備えた打球感が魅力です。

しっかりした手応えや打ち応えもあり、フラット系やドライブ系のショットに向いています。

また、タッチの良いボレーやストップなどの繊細なショットにも向いています。

耐久性やコスパはあまり高くありませんが、週1プレイヤーやダブルスメインの方なら問題ないでしょう。

しっかりしたフレームのラケットや、ポリエステルとのハイブリッドにすることで、さらに良さを引き出すことができます。

柔らかさと手応えを両立したい方におすすめのストリングです。ぜひ一度試してみてください。

[PR]

テクニファイバー NRG2を最安値で買うのは通販がおすすめ!

通販で売られているガットは日本の商社を通さずに海外から仕入れているものが多いため、安く購入する事ができます。
ロールガットを1張り分に切り売りしているものが安いです。

12m売りがほとんどですが、12mあれば18×20のラケットでも充分に足ります。
スポーツ量販店に持ち込むと張り代が高いので、地元のテニスショップかテニスコート、スクールに手あたり次第電話でお値段を聞いてみるのがおすすめです。

トータルで1000円以上安くなることもあるのでチェックしてみてくださいね!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました