PR

ヨネックス ポリツアースピンG インプレ 実際に試打したレビュー感想

ヨネックスのガットインプレ
記事内に広告が含まれています。

今回は、ヨネックスのポリエステルガットの中でもスピン性能に優れたポリツアースピンGについて、実際に試打したレビュー感想をお届けします。

ポリツアースピンGは、5角形の断面形状とシリコンを浸透させたSIF製法によって、強い引っ掛かりとホールド感を生み出すガットです。スピンをかけて攻めるプレイスタイルに合うということで、気になっていたガットでした。

それでは、ポリツアースピンGを実際に打ってみた感想をお伝えします。

[PR]

ポリツアースピンGの概要

まずは、ポリツアースピンGの基本的な情報をおさらいしましょう。

  • タイプ:反発系
  • ゲージ:1.25mm
  • カラー:オレンジ、ダークレッド
  • 特徴:5角形断面とSIF製法による強い引っ掛かりとホールド感
[PR]

ポリツアースピンGを実際に打ってみた感想

それでは、ポリツアースピンGを実際に打ってみた感想を項目ごとにお伝えします。

打球感

ポリツアースピンGの打球感は、かなり硬めです。

多角形ポリ特有の引っ掛かりと、ホールド感が特徴的です。他のポリツアーシリーズよりも衝撃がやや強く打球感も重いです。

あっさり弾く打球感が好きな方はマッチしない可能性が高いです。

私は硬めの打球感が好きなので、ポリツアースピンGは気持ちよく打てました。ハードヒットすると、ガットがしっかりとボールを掴んでくれて気持ちよかったです。

ただし、腕への負担も少なくないので、ストロークだけでなくサーブやボレーも多く打つ場合は、テンションを低めにするか、ハイブリッド張りにすることをおすすめします。

反発性能

ポリツアースピンGの反発性能はやや控えめです。ホールド感が強い分、反発はそこまで強くありません。

ガットにボールを喰いつかせて打てばしっかり飛ぶなと感じ、薄い当たりだと飛ばないと感じるでしょう。スピンを掛けるプレイヤーには十分な反発感です。

ポリツアースピンGの反発の無さはむしろ、飛びすぎることがなく、コントロールしやすいと感じました。ただし、パワー不足を感じる場合は、テンションを下げるか、反発系のガットと組み合わせることをおすすめします。

スピン性能

ポリツアースピンGのスピン性能は、非常に良好です。他ポリツアーシリーズよりも明らかに引っかけやすい。軌道のコントロールはもちろん、切れのあるボールが飛んでくれます。

私はスピン性能に関しては、ポリツアースピンGに大満足でした。特にトップスピンでは、軌道が上がって深いスピンが打ちやすいです。バウンド後の跳ねも良くて、相手にプレッシャーを与えられました。スライスやキックサーブも切れ味が良くて気持ちよかったです。

テンション維持

ポリツアースピンGのテンション維持は、標準です。ポリツアープロなどの柔らかいガットよりも高いテンション維持性能です。ガット自体が比較的硬めということもあり伸びはあまり気になりませんでした。

私はテンション維持に関しても、ポリツアースピンGに満足でした。長時間打っても使用感が変わらないので、安定したプレーができました。また、テンションが低くなってもスピン性能が落ちないので、飛びすぎることもありませんでした。

耐久性

ポリツアースピンGの耐久性は、標準です。多角形ポリはノッチが出来やすく、特に角が立っているストリング程切れやすいので耐久性がポイントになりますが、ポリツアースピンGはそこまで切れやすいガットではありませんでした。

私は耐久性に関しても、ポリツアースピンGに満足でした。約10時間程度打

っても切れなかったので、コスパも良いと感じました。ただし、切れにくいということは、切れるより先に打感が悪くなるので途中で交換することをおすすめします。

[PR]

ポリツアースピンGの長所、メリット

ポリツアースピンGの長所やメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 強い引っ掛かりとホールド感でスピン性能が高い
  • ボールの飛びが適度でコントロールしやすい
  • テンション維持が良くて使用感が安定する
  • 耐久性が標準でコスパが良い
[PR]

ポリツアースピンGの短所、デメリット

ポリツアースピンGの短所やデメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 打球感が硬めで腕への負担が大きい
  • 反発性能がやや控えめでパワー不足を感じる場合がある
  • ノッチが深くなると性能が落ちる
[PR]

ポリツアースピンGと他のガットの比較

ポリツアースピンGと他のガットを比較してみましょう。ここでは、同じヨネックスのポリツアープロやポリツアーファイア、他社のバボラのRPMブラストやルキシロンのアルパワーなど、人気のポリエステルガットと比較します。

ポリツアープロ

ポリツアープロは、ヨネックスのポリエステルガットの代表格です。打球感は柔らかめで衝撃吸収性が高く、反発性能も良いです。スピン性能は標準的で、フラットドライブに向いています。テンション維持は低めで、伸びやすく切れやすいです。

ポリツアースピンGと比べると、打球感はポリツアープロの方が柔らかくて軽いです。反発性能はポリツアープロの方が高くて飛びます。

スピン性能はポリツアースピンGの方が高くて引っ掛かります。テンション維持はポリツアースピンGの方が高くて安定します。耐久性はポリツアースピンGの方が高くて長持ちします。

ポリツアーファイア

ポリツアーファイアは、ポリツアースピンGと同じSIF製法を採用したガットです。打球感は硬めでソリッド感があります。反発性能は高くて初速が速く、スピード感のあるショットに向いています。

スピン性能は標準的で、角度をつけて打つことができます。テンション維持は標準的で、伸びにくいです。耐久性は標準的で、切れにくいです。

ポリツアースピンGと比べると、打球感はポリツアーファイアの方が硬くて重いです。反発性能はポリツアーファイアの方が高くて飛びます。

スピン性能はポリツアースピンGの方が高くて引っ掛かります。テンション維持は同じくらいです。耐久性は同じくらいです。

RPMブラスト

RPMブラストは、バボラの人気のポリエステルガットです。打球感はやや硬めでしっかりとした感触です。反発性能は標準的で、コントロールしやすいです。

スピン性能は高くて、5角形の断面形状による引っ掛かりとホールド感があります。テンション維持は標準的で、伸びにくいです。耐久性は標準的で、切れにくいです。

ポリツアースピンGと比べると、打球感はRPMブラストの方がやや柔らかくて軽いです。反発性能は同じくらいです。

スピン性能は同じくらいです。テンション維持は同じくらいです。耐久性は同じくらいです。

アルパワー

アルパワーは、ルキシロンの人気のポリエステルガットです。打球感は硬めでパワフルな感触です。反発性能は高くて飛距離が出ます。

スピン性能は標準的で、角度をつけて打つことができます。テンション維持は低めで、伸びやすく切れやすいです。

ポリツアースピンGと比べると、打球感はアルパワーの方が硬くて重いです。反発性能はALUパワーの方が高くて飛びます。スピン性能はポリツアースピンGの方が高くて引っ掛かります。

テンション維持はポリツアースピンGの方が高くて安定します。耐久性はポリツアースピンGの方が高くて長持ちします。

[PR]

ポリツアースピンGに合うラケット

ポリツアースピンGに合うラケットは、以下のような特徴を持つものがおすすめです。

  • ヘッドサイズが95~100インチ
  • 重量が300~320g
  • バランスが中心~やや先重
  • ストリングパターンが16×19~18×20

幅広く対応していると思います。

これらの特徴を持つラケットは、ポリツアースピンGのスピン性能を引き出しやすく、打球感もバランスよくなります。

例えば、以下のようなラケットがおすすめです。

  • ヨネックス Vコア プロ 97
  • ヨネックス Eゾーン 98
  • ウイルソン プロ スタッフ 97
  • ウイルソン ブレード 98
  • ヘッド スピード MP
  • ヘッド ラジカル MP
  • バボラ ピュア ストライク 98
  • バボラ ピュア アエロ
[PR]

ポリツアースピンGをおすすめしたいプレーヤー

ポリツアースピンGをおすすめしたいプレーヤーは、以下のような特徴を持つ方です。

  • スピンをかけて攻めるプレイスタイルが好きな方
  • ハードヒットして深く差し込んでいくことが得意な方
  • 硬めの打球感が好きな方
  • テンション維持や耐久性にこだわる方

これらの特徴を持つプレーヤーは、ポリツアースピンGのスピン性能や打球感、テンション維持や耐久性などを活かして、自分のプレーにメリハリをつけることができます。

[PR]

まとめ

以上、ヨネックス ポリツアースピンGについて、実際に試打したレビュー感想をお伝えしました。

ポリツアースピンGは、5角形断面とSIF製法によって、強い引っ掛かりとホールド感を生み出すガットです。スピンをかけて攻めるプレイスタイルに合うガットで、打球感も硬めでガッシリとした感触です。テンション維持や耐久性も標準で、コスパも良いガットです。

ポリツアースピンGに興味のある方は、ぜひ一度試してみてください。スピン性能の高さに驚くと思います。

[PR]

ヨネックス ポリツアースピンGを最安値で買うのは通販がおすすめ!

通販で売られているガットは日本の商社を通さずに海外から仕入れているものが多いため、安く購入する事ができます。
ロールガットを1張り分に切り売りしているものが安いです。

12m売りがほとんどですが、12mあれば18×20のラケットでも充分に足ります。
スポーツ量販店に持ち込むと張り代が高いので、地元のテニスショップかテニスコート、スクールに手あたり次第電話でお値段を聞いてみるのがおすすめです。

トータルで1000円以上安くなることもあるのでチェックしてみてくださいね!

コメント一覧